ジェネリック医薬品とは?ED治療薬が格安で買える理由

投稿者: | 2020年5月29日

ジェネリック品は新薬より低コスト
ジェネリック医薬品は、先発薬と同じ有効成分を使って製造されている後発薬のこと。
同等の効果が保たれているか、品質や有効性についても厳しいチェックが行なわれています。
先発薬との違いは、すでに出来上がっている成分を使えるため、期間やコストが大幅に抑えられている点です。
新薬は開発までに9~17年と、数百億円という莫大な費用がかかっています。
ジェネリック品は、3~5円と短く低コストで製造できるので安い価格での提供が可能。
コストがかかってないと「先発薬と差があるのでは」と、疑問に思う方もいると思います。
ジェネリック品は飲みやすさを改良することがありますが、効果には影響ないように法律でも定められているので、問題はありません。

EDになると「病院で診てもらった方がいいかな」と、ED治療を開始する時は医療機関を考える方が多いと思います。
ED治療は保険適用外のため、先発薬であるバイアグラ・レビトラ・シアリスは高値で処方されます。
ジェネリック品を購入できれば、保険が適用されなくても格安で購入できるのでオススメです。

購入者にとって、治療費が安価で抑えられるのはかなりのメリットです。
ジェネリック品は品質を落とさないために、生物学的同等性試験・安定性試験・溶出試験などを行なっています。
ED治療費を節約したい男性にとっても、ジェネリック品の存在は大きい希望につながります。
日本ではED治療薬のジェネリックがあまり普及していないため、購入を考えている方は通販サイトから医薬品を買うのがベスト。
通販サイトで取り扱うED治療薬のジェネリック品は、低コスパで簡単に買えるのでチェックしてみてください。